全国で育てられているいちご図鑑
Cultivar

キングベリー

実がしっかりした濃赤色のイチゴ酸味が好きなかたにはコクとなり味じたいが濃く感じる。
どの病気にも比較的強くいが休眠があり、うまく成長や温度管理ができないと収穫できない時期が発生してしまう。
 

ラブソング

大玉が期待できる品種で形がハートに似ている色は真赤で、果皮はしっかりしてるが硬すぎない。食べると、しっとり柔らかく果肉のなかに果汁がたっぷり入っている感じ酸味は少しあり大果が期待できる。
イチゴ炭疽病に弱くまたとても肥料を吸収する品種なので、花芽分化期などには、肥料調製が難しく、肥料が少なすぎると芽が止まってしまう。
 

ひな苺

ひな苺はほかの品種のいちごと比べ花から収穫までの時間が通常の1.5倍。
果肉はしっかりとしていて、色はきれいな淡紅色です。甘みと酸味のバランスのとれた、すっきりとした味わいです。
 
Cultivar
全国で育てられているいちご図鑑

クイーンベリー

うすいピンク色をしたイチゴ。酸味はほとんどなく、香りがよいのが特徴。果実はとてもやわらかく唐度は高いが、しつこくない甘さ。
食べると果汁が多く口の中にいっぱい広がる。特に先端部が甘くとんがっているものは特に甘い。
酸味が嫌いな人にはとても食べやすい品種。特にイチゴ炭疽病に弱く、親株生育やランナー育苗期にとても注意し徹底した管理で育てる。
 

女峰(にょほう)

濃い赤色で色つやもよく円錐形のイチゴで、形のよさやカットしたときの断面がきれいなショートケーキのイチゴの定番だったのが女峰。
甘みと酸味のバランスがとれていて、実がしまっっており日持ちがする。
 

さがほのか

形が整った円錐形の大粒でみずみずしさとすっきりとした甘さが評判になっている佐賀県生まれのイチゴ。
九州地方で多く栽培されている。 糖度が高く、酸味が少ないため上品な味わいがあり、ほどよい硬さがあるため、傷みにくく日持ちがする。
 

ふさの香(か)

大粒で光沢感があり、酸味が少なく、甘さを強く感じられる千葉県で生まれのイチゴ。
千葉県内のいちご狩りや直売用に栽培されているだけで収量も少なく、希少価値の高いイチゴ。さわやかな桃のような香りが特徴で、果汁も多くジューシーなイチゴです。
 

紅ほっぺ

「章姫」と「さちのか」の子供で静岡県生まれのイチゴ。ほっぺが落ちるほどおいしいということから命名。
先のとがった長円錐形で大粒。 果実内部まで赤いのが大きな特徴。香り、甘さがとても強く、適度に酸味もり味にコクもありジューシー。
 

あまおう

「あかい、まるい、おおきい、うまい」の頭文字をから名付けられたイチゴ。
甘いイチゴの王様になるようにとの願いも込められていて、福岡県のみで栽培されている。
コクのある味と色つやの良さ、粒が大きくて形が良く、しっかりとした甘さが評判。甘みと酸味のバランスがとれている。
 

とちおとめ

女峰ととよのかをブレンドしさらに栃の峰をかけあわせ栃木県でうまれた品種でレッドパールとも呼ばれています。
現在は、日本一の生産量である。 女峰よりも大粒で甘みが強く酸味が少なくコクがある。 果肉が硬いことから日持ちがする。
 

章姫(あきひめ)

大きく長細い円錐形の形が特徴の静岡生まれのいちご。
表面は鮮やかな赤で、中の果肉は淡紅色。酸味はほとんどなく甘みが強く果皮が柔らかい。 冬の間は糖度がさらに高くなる 。
 

さちのか

「とよのか」と「アイベリー」を掛け合わせた品種で、長円錐形で中型の濃い赤色。
シーズンを通し糖度は高くて香りがよく、バランスのとれた甘みと酸味で人気が高い品種。
果実がしっかりしているので日持ちがたいへんよい。
 

愛ベリー

普通のいちごの2~4倍の大きさという大粒でイチゴの王様とも呼ばれている愛知県生まれ。
大きい物では子供のこぶしくらいの大きさになるというビックサイズのイチゴだが、強い甘さと適度の酸味、独特の香りがありジューシー。贈答用として人気がある。
 

ひのしづく

まん丸でコロンとした形が可愛らしく光沢があり外観がすぐれている熊本生まれのイチゴ。
甘みが強く酸味が少なく、程よい硬さもある。 香りがとてもよくジューシー。
 

けんたろう

寒い北海道で春から初夏の短い期間だけに成長するイチゴ。大粒で光沢があり、甘みが強く程よい酸味もある。
かなり果汁の多くジューシー。 早めに収穫すると甘みが少なくなってしまう。
 

ももいちご

桃のように果汁がたっぷりでまるまるとした形から名前がつけられた徳島県のわずか36戸の農家のみで生産されているイチゴ。
果肉が白いから酸味がありそうな印象をうけますが、とにかく甘くジューシー。地域限定生産で収穫期間も短いため、幻のイチゴとも呼ばれています。
 

雷峰

甘みと酸味のバランスがとれていて日持ちがよく、中まできれいな赤い色をした北海道、宮城県、山形県、長野県などで作られているイチゴ。
一年中収穫できる強みもありケーキなどの洋菓子に多く使われています。 酸味はやや高く、香りがいい。
 

ペチカ

円錐形で鮮やかな赤い色で夏秋イチゴの主力として北海道、東北、徳島で作られるいちご。
甘みが控えめで酸味が少なく、香りが多いく、ケーキ用として多く作られている。
 

越後姫

「可憐でみずみずしい新潟のお姫様のようだ」ということから名付けられた、新潟で生まれた大粒なイチゴ。
花が咲いてから収穫するまでの期間が長くなるので、甘みが強く、酸味が少なくジューシー。果肉は柔らかい。
 

アスカルビー

あすかウェイブと女峰をかけ合わせて育成された奈良県生まれのいちご。
地元のあすかとルビーのように赤く輝いているため、あすかルビーと名前がつけられた。 粒は大きく、鮮やかな紅色。酸味は低く甘くジューシー。
 
MENU
メニュー