深作農園のいちごイメージ画像
深作農園のいちごイメージ画像

いちご生産の取り組み

EM自然農法で安心・安全な作物づくり

深作農園の土作り
深作農園では有機農法による「健康で元気な土づくり」に取り組んでいます。

植物を育てるなかで一番大切なもの。それは、「土作り」です。
元気な土でなければいい作物は育ちません。土が元気だと病気の発生、害虫の発生も抑えられます。 元気でおいしいイチゴを育てるために、当農園では土作りに『EM自然農法』を導入しております。

導入した経緯は、まずは農家の健康をと考え、「少しでも農薬を減らせたら・・・」と、平成3年から取り入れました。
始めた当時は失敗も多くありました。しかし「病気が発生したら農薬」これではいつまでたっても変わらず、悪循環のままです。

「健康な土があってこそ、健康な作物が産まれる」
それだけを信じて続けました。

今では、信じて続けてきて本当によかったと心の底から感じています。
信じてやってきたからこそおいしい作物が収穫でき、私たち農家が笑顔になり、そしてお客様に喜んでいただけるようになれたと思っています。

「EM自然農法」とは?

EM自然農法
栄養たっぷりの健康な土で、農薬や化学肥料に頼らず元気いっぱいの作物を育てています。

このEM自然農法とは、乳酸菌、酵母などの自然界にいる微生物を80種類以上組み合わせた「EM菌」を利用して 健康な土作りをし、農薬・化学肥料を極力減らし、健康な作物を作る農法です。

EMとは、有用微生物群( Effective Microorganisms )の略称で、その頭文字を取って『EM(イーエム)』と呼ばれています。
琉球大学の比嘉照夫教授によって発見され、世界中から注目されています。

作物は根から直接栄養分を摂取するわけではありません。
土中にある有機物を微生物が分解し、それが微生物のエサになります。
その微生物が出すミネラル等を作物の根が吸収するので、農薬や化学肥料で汚染された微生物が少ない土では、作物は育ちにくいということなのです。

また当農園では、EM菌の他に、植物残さ、鶏糞、豚糞、堆肥など自然の有機物を土に混ぜ、 バランスのとれた健康で元気な土作りに取り組んでいます。
農薬、化学肥料に頼るという従来の農法から、EM自然農法を取り入れることで、土が健康でフワフワに なり、作物が本来持っている味がぎっしり詰め込まれた健康な作物を収穫できるようになりました。

ミツバチ交配

イチゴ作りの大切なパートナー

深作農園の土作り
当農園では「ミツバチ交配」にて受粉作業を行っております。ミツバチは、おいしいイチゴの実をつけるための大切なパートナーです。

イチゴがきれいな大きな実をつけるためには大切な作業があります。 それは花が咲いたら行う「受粉作業」です。
確実に受粉ができていないと実ができなかったり、いびつな形のイチゴができたりします。

基本的に植物は、虫や鳥、風などによって自然受粉をしています。
しかしハウスのなかで栽培しているイチゴには、その自然による受粉交配はほぼ不可能です。

そこで、一花一花ごとに手作業で筆などを使って受粉作業をしていましたが、本当に骨の折れる作業です。
その受粉作業を人の代わりにより自然に近い形で行ってくれるのがミツバチです。

ハウスの中に花から花へみつを吸うために飛びまわることで受粉交配を行ってくれています。
蜂といえば、人を刺す怖い虫というイメージがあるかもしれませんが、イチゴ農家にとってはとっても大切なパートナーです。
ミツバチは、刺激しない限り人を刺しません

ミツバチがピンチ!

ニュースでも多く取り上げられているのがミツバチ不足が問題になっています。
オーストリアからの女王蜂の輸入が途絶していることに加え、ダニや病気の猛威、農薬被害、どうやら様々な理由が重なってしまったようでミツバチが激減しているのが実情です。

ミツバチがいなくなると本当に大きな影響が出ます。
ミツバチ交配で育てている、イチゴ・さくらんぼ・もも・メロン・リンゴ・なし・スイカ・マンゴーなどは作物が育たなくなり、結果的に値段も高騰してしまいます。
ミツバチの減少は生産者だけでなく消費者にも影響がでてしまうのです。

養蜂への取り組み

深作農園ではミツバチを自分たちの手で育てようと、養蜂もスタートしています。
花粉交配の時期だけでなく、それ以外の花がない季節には餌をあげたり、巣箱も病気やダニが発生しないよう清潔にしたり、寒さ暑さから守ってあげたりと手間がかかります。
しかしこのミツバチがいないと深作農園はピンチになってしまいますので、愛情をこめてミツバチを育てています。

虫がでたからといって殺虫剤の使用はしておりませんので、安心してイチゴを食べてください。
殺虫剤を使用すると大切なパートナーのミツバチも殺してしまうことになります。

ハウス内を元気にミツバチがとんでいる姿をみて「あっ、安心安全のイチゴだな」と再確認してください。

イチゴに含まれる主な栄養素

【いちご 100g(33kcal) あたり】
・ビタミンC 62 mg ・カリウム 170 mg ・カルシウム 17 mg ・鉄 0.3 mg ・マグネシウム 13 mg ・食物繊維 1.4 g

お祝いにオススメのバームクーヘン

イチゴに含まれるカリウム

イチゴには「カリウム」が多く含まれます。カリウムは調理により失われやすいミネラルの一つですが、生で食べるイチゴはカリウムを破壊されることも少なく、効率よく摂取することができます。 カリウムにはナトリウムを排泄する働きがありますので、高血圧の予防にもなりますし、利尿効果もあるのでむくみにも効果的です。

イチゴに含まれるビタミンC

いちごは果実の中で最も多くビタミンCを含んでいます。いちごに含まれるビタミンCの量はみかんの2倍もあります。
また、生のままたべることが多いいちごは調理をせずに食べるので、含まれているビタミンCが破壊される事も少なく、効率良くビタミンを摂取する事ができます。 いちご5~6個で一日に必要なビタミンCを摂取することができます。
ビタミンCは、人体の免疫機能を強めてウイルスへの抵抗力を高めたる効果がありますので、病気の予防や健康を維持するためとても大切な役割があります。

「深作農園」おすすめコンテンツ

  • バームクーヘンに対する熱い想い
  • 第27回全国菓子大博覧会「名誉総裁賞」のメロンバームプレミアム
  • バームクーヘンお試しセット
  • 一本バームクーヘン
  • ウェティングや内祝いに最適なハートクーヘン
  • 世界に一つだけの名入れバームクーヘン

バームクーヘンメニュー

深作農園の、おすすめスイーツ

「深作農園」関連サイト

深作農園のバームクーヘン
【世界初の5大大会受賞】
農家から生まれたバームクーヘン専門店

深作農園 バームクーヘンサイト

深作農園・楽天市場店

深作農園・Yahoo!ショッピング店

深作農園のメロンサイト
【生産量日本一のメロン】
深作農園のメロンサイト

深作農園のメロン専門サイト

深作農園のいちご

【茨城いちごグランプリ三年連続受賞】
深作農園のいちごサイト

深作農園のいちご専門サイト

深作農園の野菜サイト

【日本野菜ソムリエ協会認定】
野菜ソムリエの作る深作農園の野菜専門サイト

深作農園・野菜専門サイト

深作農園の野菜サイト

【農家の新鮮スイーツ】
LE・FUKASAKU(ル・フカサク)

LE・FUKASAKU(ル・フカサク)サイト

ご利用案内