深作農園のいちごイメージ画像
深作農園のいちごイメージ画像

いちごのあれこれ

いちごの豆知識

いちごの豆知識

「いちご」の語源

苺はどんどん増える植物で、母は子供をどんどん増やすことにちなんで「草」に「母」とかいて「苺(いちご)」と呼ぶようになりました。
苺は学名を「Fragaria × ananassa」といい、ラテン語のFragrans「香り高い」という語源からきています。

いちごの旬

以前は露地栽培だけしか行われていなかったので、春から初夏に収穫されるものだけで、4月中旬から5月が旬でしたが、今はハウス栽培になりほぼ一年中日本のどこかで栽培されるようになりました。 ハウス栽培の苺で、12月末から1月の一番果と2月中旬から3月の2番果が収穫できる時期の苺が旬です。

いちごは野菜です

苺は果物だと思われがちですが、野菜に分類されている果実的野菜なんです。 分類学上、1年生および多年生の草木になる実は野菜。永年生の木になる実を果物と定められています。
苺は多年生の草木になるので分類学上は野菜となります。 いちご・すいか・メロンも野菜で、この3品目は果実的野菜と呼ばれています。

果実は種?

いちごの本当の意味での果実というのは、表面に細かくついてるツブツブです。この一粒一粒のなかに小さな種が入っているのです。
で、実際、食べてる赤い実は『花託(かたく)』と呼ばれる部分です。『花託(かたく)』は、茎や枝の先端で花をつけるところで、その花託が大きくなったものなのです。花托は種をやわらかく保護する役目を持っています。
で、種だと思っていた本来の果実だった部分は『痩果(そうか)』と呼ばれています。

いちごの断面図

いちごの品種

いちごの品種
いちごには実はたくさんの種類があり、それぞれ品種ごとに甘さや香り・食感などに特徴があります。

クイーンベリー

うすいピンク色をしたイチゴ。酸味はほとんどなく、香りがよいのが特徴。果実はとてもやわらかく唐度は高いが、しつこくない甘さ。
食べると果汁が多く口の中にいっぱい広がる。特に先端部が甘くとんがっているものは特に甘い。
酸味が嫌いな人にはとても食べやすい品種。特にイチゴ炭疽病に弱く、親株生育やランナー育苗期にとても注意し徹底した管理で育てる。

ラブソング

大玉が期待できる品種で形がハートに似ている色は真赤で、果皮はしっかりしてるが硬すぎない。食べると、しっとり柔らかく果肉のなかに果汁がたっぷり入っている感じ酸味は少しあり大果が期待できる。
イチゴ炭疽病に弱くまたとても肥料を吸収する品種なので、花芽分化期などには、肥料調製が難しく、肥料が少なすぎると芽が止まってしまう。

キングベリー

実がしっかりした濃赤色のイチゴ酸味が好きなかたにはコクとなり味じたいが濃く感じる。
どの病気にも比較的強くいが休眠があり、うまく成長や温度管理ができないと収穫できない時期が発生してしまう。

女峰(にょほう)

濃い赤色で色つやもよく円錐形のイチゴで、形のよさやカットしたときの断面がきれいなショートケーキのイチゴの定番だったのが女峰。
甘みと酸味のバランスがとれていて、実がしまっっており日持ちがする。

さがほのか

形が整った円錐形の大粒でみずみずしさとすっきりとした甘さが評判になっている佐賀県生まれのイチゴ。
九州地方で多く栽培されている。 糖度が高く、酸味が少ないため上品な味わいがあり、ほどよい硬さがあるため、傷みにくく日持ちがする。

ふさの香(か)

大粒で光沢感があり、酸味が少なく、甘さを強く感じられる千葉県で生まれのイチゴ。
千葉県内のいちご狩りや直売用に栽培されているだけで収量も少なく、希少価値の高いイチゴ。さわやかな桃のような香りが特徴で、果汁も多くジューシーなイチゴです。

紅ほっぺ

「章姫」と「さちのか」の子供で静岡県生まれのイチゴ。ほっぺが落ちるほどおいしいということから命名。
先のとがった長円錐形で大粒。 果実内部まで赤いのが大きな特徴。香り、甘さがとても強く、適度に酸味もり味にコクもありジューシー。

あまおう

「あかい、まるい、おおきい、うまい」の頭文字をから名付けられたイチゴ。
甘いイチゴの王様になるようにとの願いも込められていて、福岡県のみで栽培されている。
コクのある味と色つやの良さ、粒が大きくて形が良く、しっかりとした甘さが評判。甘みと酸味のバランスがとれている。

とちおとめ

女峰ととよのかをブレンドしさらに栃の峰をかけあわせ栃木県でうまれた品種でレッドパールとも呼ばれています。
現在は、日本一の生産量である。 女峰よりも大粒で甘みが強く酸味が少なくコクがある。 果肉が硬いことから日持ちがする。

章姫(あきひめ)

大きく長細い円錐形の形が特徴の静岡生まれのいちご。
表面は鮮やかな赤で、中の果肉は淡紅色。酸味はほとんどなく甘みが強く果皮が柔らかい。 冬の間は糖度がさらに高くなる 。

さちのか

「とよのか」と「アイベリー」を掛け合わせた品種で、長円錐形で中型の濃い赤色。
シーズンを通し糖度は高くて香りがよく、バランスのとれた甘みと酸味で人気が高い品種。
果実がしっかりしているので日持ちがたいへんよい。

愛ベリー

普通のいちごの2~4倍の大きさという大粒でイチゴの王様とも呼ばれている愛知県生まれ。
大きい物では子供のこぶしくらいの大きさになるというビックサイズのイチゴだが、強い甘さと適度の酸味、独特の香りがありジューシー。贈答用として人気がある。

ひのしづく

まん丸でコロンとした形が可愛らしく光沢があり外観がすぐれている熊本生まれのイチゴ。
甘みが強く酸味が少なく、程よい硬さもある。 香りがとてもよくジューシー。

けんたろう

寒い北海道で春から初夏の短い期間だけに成長するイチゴ。大粒で光沢があり、甘みが強く程よい酸味もある。
かなり果汁の多くジューシー。 早めに収穫すると甘みが少なくなってしまう。

ももいちご

桃のように果汁がたっぷりでまるまるとした形から名前がつけられた徳島県のわずか36戸の農家のみで生産されているイチゴ。
果肉が白いから酸味がありそうな印象をうけますが、とにかく甘くジューシー。地域限定生産で収穫期間も短いため、幻のイチゴとも呼ばれています。

雷峰

甘みと酸味のバランスがとれていて日持ちがよく、中まできれいな赤い色をした北海道、宮城県、山形県、長野県などで作られているイチゴ。
一年中収穫できる強みもありケーキなどの洋菓子に多く使われています。 酸味はやや高く、香りがいい。

ペチカ

円錐形で鮮やかな赤い色で夏秋イチゴの主力として北海道、東北、徳島で作られるいちご。
甘みが控えめで酸味が少なく、香りが多いく、ケーキ用として多く作られている。

越後姫

「可憐でみずみずしい新潟のお姫様のようだ」ということから名付けられた、新潟で生まれた大粒なイチゴ。
花が咲いてから収穫するまでの期間が長くなるので、甘みが強く、酸味が少なくジューシー。果肉は柔らかい。

アスカルビー

あすかウェイブと女峰をかけ合わせて育成された奈良県生まれのいちご。
地元のあすかとルビーのように赤く輝いているため、あすかルビーと名前がつけられた。 粒は大きく、鮮やかな紅色。酸味は低く甘くジューシー。

いちごの選び方

購入の際に気をつけるポイント

購入の際に気をつけるポイント

チェックする5つのポイント

1.表面に傷がないこと
2.光沢があり、鮮やかで色ムラがない
3.表面にハリがある
4.表面のツブツブがはっきりして立っているもの
5.ヘタが乾燥してなく、緑色が濃くみずみずしいもの

「真っ赤なイチゴが美味しい」と思われがちですが、あまり赤く色づかない品種のイチゴもありますので色だけでの判断はできません。

パック詰めの場合はここにもチェック!

パックに何段も入っているイチゴは、下の段のいちごもきちんとチェックします。
底から見ると傷んでいるいちごが入っている場合もあります。
傷んで変色しているものや、汁が出てしまっていないかチェックしましょう。


選んだイチゴの洗い方

洗うタイミングは食べる直前に!
ヘタをつけたまま洗います。(ヘタをつけたまま洗うことでビタミンの流出を防ぎます)
そっとやさしく素早く水で洗いましょう。

イチゴが残ってしまったら

ヘタは残したままで、洗わずに保存します。
重ねると傷みやすいのでなるべく一段で保存します。
鮮度が落ちるのが早いので、冷蔵庫で保存してなるべく早く食べきるようにしましょう。
冷凍保存もできます。全面に砂糖をまぶしてから冷凍すると解凍後のくさみが少なくなります。

いちごに含まれる主な栄養素

【いちご 100g(33kcal) あたり】
・ビタミンC 62 mg ・カリウム 170 mg ・カルシウム 17 mg ・鉄 0.3 mg ・マグネシウム 13 mg ・食物繊維 1.4 g

いちごの栄養素

イチゴに含まれるカリウム

イチゴには「カリウム」が多く含まれます。カリウムは調理により失われやすいミネラルの一つですが、生で食べるイチゴはカリウムを破壊されることも少なく、効率よく摂取することができます。 カリウムにはナトリウムを排泄する働きがありますので、高血圧の予防にもなりますし、利尿効果もあるのでむくみにも効果的です。

イチゴに含まれるビタミンC

いちごは果実の中で最も多くビタミンCを含んでいます。いちごに含まれるビタミンCの量はみかんの2倍もあります。
また、生のままたべることが多いいちごは調理をせずに食べるので、含まれているビタミンCが破壊される事も少なく、効率良くビタミンを摂取する事ができます。 いちご5~6個で一日に必要なビタミンCを摂取することができます。
ビタミンCは、人体の免疫機能を強めてウイルスへの抵抗力を高めたる効果がありますので、病気の予防や健康を維持するためとても大切な役割があります。

イチゴに含まれる葉酸

イチゴには、果物の中ではトップクラスの葉酸を含まれています。
この葉酸は、食事で不足することはまずないのですが、ビタミンCと一緒にとることがいいと言われています。
イチゴなら、ビタミンCと葉酸を一緒に摂取することができます。

妊娠中には、葉酸を摂取するように言われています。
妊娠初期に葉酸が不足すると、神経系の障害を持つ子供が生まれるリスクが高まるといわれているからです。
また葉酸が不足すると悪性貧血、動脈硬化が発症しやすくなると言われています。

イチゴに含まれる食物繊維

いちごには食物繊維もたっぷり入っています。
いちご100gに対して柑橘類の2倍の食物繊維が含まれていますので、不足しがちな食物繊維を補給するのにおすすめの果物です。

食物繊維は、コレステロールの排出を促したり、血糖値の急上昇を抑える働きがあります。
また、便秘を予防する作用があるので美容にも効果的です。

いちごの歴史

いちごは、ヨーロッパやアジア一帯では石器時代から食べられていました。
しかし、今のように栽培したいちごではなく、野生の小粒ないちごで、当時は、実だけでなく、茎や葉、根も 薬として食べられていました。

実際にいちご栽培が行われたのは、今から200年ほど前に北米の東部と南米のチリで始まったと言われています。
その2系統が別々のルートでヨーロッパに伝わり、これらを交配して現在の原型が生まれました。
その後、ヨーロッパ各地で品種改良され、18世紀後半には全世界に広まっていきました。

日本には江戸時代末期にオランダで栽培されていたイチゴを長崎に船で運んできたのが最初です。 このため、「オランダイチゴ」と当時は呼ばれていました。 しかし、イチゴの赤い実が赤い血をイメージさせるとしてほとんど広まりませんでした。
その後、明治時代になってようやく本格的な栽培がはじまり、品種改良・育成が進められてきました。

日本の最初の品種は明治時代に栽培された「福羽」です。
福羽逸人博士が新宿御苑でフランスから導入したゼネラル・シャンジーを品種改良して栽培に成功しました。 これが今の日本のイチゴの基となります。 しかし、このイチゴは皇室用とされて、御苑いちご、御料いちごなどと呼ばれ、庶民の口に入ることはありませんでした。

庶民の口にイチゴが入るようになるのは昭和時代になってからのことです。
終戦後にアメリカから“ダナー”が導入されてからはイチゴの栽培が全国的に普及しました。
その後、品種改良によって「宝交早生」・「春の香」等のいちごが誕生しました。 その後もいちごの関する研究が進み、栽培方法も変化していきます。

1880年代半ばに「女峰(にょほう)」「豊の香」が生産されるようになりました。
食味の良さ、粒の大きさ等で他の品種を圧倒し、この2品種で全国生産量の約90%を占めるまでに成長しました。 その後もイチゴの品種改良はめざましく、最近では生産県を中心に優秀な様々な品種が出てきています。
今やイチゴの品種は200種類ほどになっています。

いちごの育て方

お家でできるイチゴの栽培

いちごの育て方
苗をプランターなどに植え替え、自宅でもいちごを育てることができます。

1. 土づくり

苗を買ってくる2週間ほど前に土作りをしておきます。
土全体に肥料を入れ混ぜ込み、プランターや植木鉢にいれておきます。

ホームセンターや園芸屋さんから葉の色が濃い緑色の元気なイチゴの苗を買ってきます。 (10月ごろから店頭に並びます)

2. プランター・鉢に植える

準備をしていた大きめの植木鉢やプランターにクラウン(中心部分)が隠れないように浅植えにする。
1つのプランターに2株植える場合は株間は、20cmほどあけてください。

そして、同じ方向に実がなるように植えることができます。 実になる“花房”は、ランナーの反対側に出てきますのでランナーがない方を 同じ方向に植えてやれば、同じ方向に実を付けてくれます。
買ってきた株にランナーが見あたらないときは、葉っぱにボリュームがある 方を正面に植えてください。

3. 追肥・防寒

冬の間は寒さを防ぐため切りワラなどを敷いてあげてください。

1ヶ月ほどたった頃に株元に追肥をしてください。
※ 窒素分が多い肥料はあげないで下さい。窒素過多により葉ばかりが大きくなり実が大きくなりません。

土の表面が乾燥したら水を与えてください。 暖かくなり花が咲くと、きちんと受粉ができないと実がなりません。
昆虫などで受粉ができてないと思った時は筆などでやさしく受粉を手伝って あげてください。

4. ネットを張る〜収穫

実がついて約1か月ほどで収穫できるまでに成長します。

※ 赤くなってくると鳥などに狙われやすくなりますので、ネットなどで防護してください。

いちごの病気

芽枯病

新芽や蕾が青枯れ状に萎れ、やがて黒褐色になって枯れる。
有機資材を施用する場合は完熟したものを持ち入り、日中の換気を十分に行うとともに、深植えや密植は避けるようにする。

葉枯病

不均一の大きさの黒っぽい斑点ができる。その後、葉は黄褐色から暗褐色に変わって枯れる。
窒素過多や肥料切れにより発病が助長される。適正な施肥を心がけ、病気になった葉は早めに除去し、適切に処分。

じゃのめ病

葉に中心部が灰白色で周縁が赤紫色の斑点がたくさんできる。 窒素過多や肥料切れにより発病が助長される。
適正な施肥を心がけ、病気になった葉は早めに除去し、適切に処分。

炭疽病

墨をたらしたような斑点がポツポツと葉にできる。茎が赤黒くくびれたようになり、最後には枯れてしまう。
発生すると改善することは困難。夏の高温期に発生すると被害が大きい。
土の跳ね上がりなどで株から株へとと感染するので夏の間は雨をよけるように栽培する。

うどんこ病

下葉にうすい赤褐色の斑点が現われ、やがて葉の裏面や果実が白色や灰白色の粉状のカビで覆われる。
風通りや換気に気をつけ多湿を避け、日光にあてるようにする。

灰色かび病

収穫近くの果実に発病しやすい。 淡褐色の斑点が拡大して果実が腐敗し、灰色のカビが生える。
過熟果実を放置しない事が大切。密植栽培を避け風通りや換気に気をつけ多湿を避けるようにする。

根腐病

生育がとまり、根、根の先端、地際部分などが赤褐色から茶褐色の病斑ができ、軟化腐敗するし株は枯れる。
風通りと過湿を改善し、土の水はけに気をつけ、 未熟な有機物を混ぜないようにする。

ハダニ(害虫)

葉の裏側に寄生し、汁液を吸収するため、葉の表には白いカスリ状の斑点が現れる。
多発すると葉は褐色になり、株はハダニの吐く糸で覆われ、枯れてしまう。水が苦手なので、水やりの時に、葉の裏にも水がかかるようにする。

カレンダー

カレンダー
土づくりから、愛情を込めて育てています。

1月~5月中旬 イチゴ狩りシーズン

おいしいいちごが実る時期。毎年たくさんのお客さまにご来園いただき、イチゴ狩りを楽しんでいただきます。

5月中旬~下旬 イチゴ狩り終了

イチゴ狩りが終わったあと、イチゴの苗はすべて回収します。

5月下旬 来年のための土作り

翌年分の苗床の準備に取り掛かります。土作りからスタート。当農園はEM自然農法で土にはとことんこだわります!

8月 育苗中

苗も順調に育苗床で育っています。

9月 定植作業

ハウスの中に一苗ごと丁寧に同じ間隔で植えていきます。ハウスの中はとても暑く大変な作業です。

9月下旬 成長中

しっかり根付いて、ハウスの中で成長中。葉が青々としています。

10月下旬 花が咲き実をつける準備

イチゴの花が咲き始めます。 受粉のためにハウスの中にはミツバチも元気に飛び回ります。

12月下旬

イチゴが赤くなり、収穫開始です。 またたくさんの笑顔に出会えるシーズンがはじまります。

いちごレシピ

いちごジャム

いちごジャム

【材料】

・いちご   600g(2パック)
・砂糖    200g
・レモン汁  大さじ2

【作り方】

1.いちごは洗って水気を切りヘタをとる
2.お鍋にいちごを入れ砂糖をまぶし、しばらく置く
3.イチゴから水分がでてきたら、煮詰める
4.レモン汁を入れる
5.白い泡のようなアクが浮いてくるので丁寧にを取りながら、煮詰める

いちごゼリー

いちごゼリー

【材料】

・いちご     へたをとって200g
・グラニュー糖  75g
・水       60ml
・レモン汁    小さじ1/2
・粉ゼラチン   6g
・水       大さじ2

【作り方】

1.いちごは洗って水分を切り鍋に入れ、グラニュー糖をまぶし、しばらく置く
2.粉ゼラチンは大さじ2の水でふやかす
3.(1)の鍋に水60mlとレモン汁を加え、中火にかけいちごがくたっとなったら火を止め(2)のゼラチンを加え、混ぜる
4.ゼリー型に流しいれ、冷やす

いちごレアチーズケーキ(18cmの丸型1個分 )

いちごレアチーズケーキ

【材料】

・いちご        300g
・レモン汁       大さじ1
・ゼラチンを溶かす水  大さじ3
・生クリーム      200cc
・グラニュー糖     40g
・クリームチーズ    200g

【苺ソース】

・苺(潰した苺から)  大さじ4
・砂糖         大さじ1
・白ワイン(又は水)  大さじ1
・苺(潰した苺から)  大さじ4

【作り方】

1.ゼラチン10gを大さじ3の水でふやかしておく
2.イチゴは洗ってヘタを取り水分を拭き、レモン汁大さじ1と一緒にミキサーで滑らかつぶす
3.生クリーム200ccを鍋にいれ、(1)のゼラチンとグラニュー糖40gを加え、弱火で混ぜながら溶かす。(沸騰させないように!)
4.溶けたら火を止め粗熱を取る
5.(2)からソース用に大さじ4をとりわけ、残りのいちごと(4)を合わせて裏ごししてなめらかにする
6.別のボールに室温に戻しておいたクリームチーズ200gを入れ、滑らかになるまで練る
7.(5)と(6)を混ぜ合わせる
8.側面にオーブンシートを貼った型に(7)を流し込み冷蔵庫で2時間以上冷やす
9.(5)でとりわけておいたイチゴに砂糖、白ワイン各大さじ1を加えて混ぜ合わせ苺ソースを作る
10.冷やし固まったらお皿にだし、切り分け苺ソースをかける

いちご大福

いちご大福

【材料】(10個分)

・あん    200g
・いちご   10粒
・白玉粉   150g
・砂糖    70g
・水     200cc
・片栗粉   適量
※ こしあんでも粒あんでもOK

【作り方】

1.いちごは、洗いヘタを取り水分を拭く
2.餡は購入したものが緩い場合は火にかけて煮詰め水分をとばし冷まして、10等分にする
3.苺を餡子で包む
4.耐熱容器に白玉粉150g砂糖70gを入れ、水200ccを少しずつ加えながら混ぜる
5.ラップをして電子レンジに2分かけ、ヘラでよく混ぜる
6.もう一度電子レンジに1分かけ、またよく練り混ぜる
  ※水分が飛んでぼそぼそになった場合は熱湯を少量ずつ加えねっとりするまでこねながら混ぜる
7.(6)を片栗粉の上に出し、10等分する
8.生地があたたかい間に薄く丸くのばし(3)を包む
  ※生地が冷めると伸びが悪くなるので手早くする

いちごラッシー(4人分)

いちごラッシー

【材料】

・イチゴ        10粒程
・プレーンヨーグルト  250ml
・牛乳         250ml
・練乳         大さじ1
・氷          適量

【作り方】

1.いちごは、洗いヘタを取り水分を拭く
2.材料をすべてミキサーに入れ滑らかになるまで回し、グラスに注ぐ

「深作農園」おすすめコンテンツ

  • バームクーヘンに対する熱い想い
  • 第27回全国菓子大博覧会「名誉総裁賞」のメロンバームプレミアム
  • バームクーヘンお試しセット
  • 一本バームクーヘン
  • ウェティングや内祝いに最適なハートクーヘン
  • 世界に一つだけの名入れバームクーヘン

バームクーヘンメニュー

深作農園の、おすすめスイーツ

「深作農園」関連サイト

深作農園のバームクーヘン
【世界初の5大大会受賞】
農家から生まれたバームクーヘン専門店

深作農園 バームクーヘンサイト

深作農園・楽天市場店

深作農園・Yahoo!ショッピング店

深作農園のメロンサイト
【生産量日本一のメロン】
深作農園のメロンサイト

深作農園のメロン専門サイト

深作農園のいちご

【茨城いちごグランプリ三年連続受賞】
深作農園のいちごサイト

深作農園のいちご専門サイト

深作農園の野菜サイト

【日本野菜ソムリエ協会認定】
野菜ソムリエの作る深作農園の野菜専門サイト

深作農園・野菜専門サイト

深作農園の野菜サイト

【農家の新鮮スイーツ】
LE・FUKASAKU(ル・フカサク)

LE・FUKASAKU(ル・フカサク)サイト

ご利用案内